善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
軽量テント


軽量テントを買ったので、近くのキャンプ場で、友人とキャンプをして、初張りしてみた。

ニモのタニLS2Pで1.5kgくらいと軽くて小さい。

山岳用としては、アライテントの方が、丈夫でメンテも、しっかりしているようだが、たぶん、山登りよりもキャンプで使う頻度が高いと思うし、つりさげ型は、設営が楽だ。

ちょっと、値段が高いのが玉にきずだが・・・

いつか、このテントで北アルプスの涸沢に泊りたい。

キャンプの方は、裸足でサンダル履いていたら、足の小指をムカデか何かに刺され、ハチに刺されたように痛かった。

たまたまかもしれないが、草の多いキャンプ場で、サンダル履きは、ちょっと危険かも。

前からやりたかった薪割りと焚き火もしてみた。

ブッシュクラフトみたいに麻縄ほぐして火口にしファイアースターターで火をつけようとしたが、なかなか難しく、

あきらめて着火剤を使うと、いっぱつで火がつきました。

DSCF1400_convert_20170717162758.jpg
焼酎前割り
201704301056183bc.jpeg


芋焼酎を前割りといって、前もって水と混ぜておき、1週間くらいしてから、お燗をして飲むとおいしいらしい。

試しに一度やってみた。

軟水がいいらしいが、硬度なんてどのくらいがいいか、わからない。

造り酒屋に勤めている友人が言うには、酒と水というのは、本来混じり合わないものらしい。

お燗のほうも、いつもは、電子レンジでチンするのだが、香りが飛んでしまうとか書いてあったので

徳利を鍋に入れて、燗してみた。黒ジョカがあると良さそうだ。

飲んでみると、やはり、いつもとは、まったく違いまろやかで飲みやすい。

電子レンジから変えただけでも、ずいぶん違うようだ。

めんどうくさいから、のん兵衛の人には、向かないが、いちど試してみてほしい。
燻製


もう、春だが、寒い冬の休みの日の暇つぶしに、燻製をやってみた。

まあ、簡易燻製で、簡単なスモーカーで燻しただけだが、今回は、スモークウッドで冷燻。

チーズといぶりがっこを作ろうとしたが、失敗。

やはり、簡易燻製は、温燻がいいようだ。 冷燻で、塩漬けや塩抜きしたりして、ベーコンとか作ってみたいが・・・

温燻でおすすめは、ミックスナッツです。

ちょっと、湿っけたナッツでも、温燻でカリッとスモーキーに仕上がるので、バーボンなんかのあてに良いと思います。
買えなかった鯛焼き


加古川駅の近くに、よく並んでる鯛焼きやがある。

こないだも、買い物があり、前を通った。

ぼくは、タイ焼き屋があると、必ず買ってしまう鯛焼き好きである。

いつも2.3人並んでいるのに、きょうは、一人。でも、待ってまで鯛焼き買うタイプではないので、買い物の帰りに寄ることにした。

そして帰りに行ってみると、誰も待ってない。ラッキーと思い、2個注文した。

鉄板の横には、すでに10個ほどの鯛焼きが、できあがっている。

でも、店員がいうには、予約が入っているので、30分ほど待たなくてはならないという。

たかが鯛焼き買うのに、予約だなんて。

けったくそ悪いので、帰りました。

でも、一言「申し訳ありません」とか「すみません」という言葉が欲しかった。

二度と来るもんかと思うところだが、鯛焼き好きなので、ここを通る時は、再度挑戦するだろう。

「この世界の片隅で」
「この世界の片隅で」というアニメ映画がロングラン上映されており、感動するというので観に行った。

感動はしなかったが、観て損したということは、なかった。

主人公の声は、能年玲奈がやっているのだが、神河町出身で播州弁のはずなのだが、広島弁も、なかなか良かった。

広島の原爆で死んでしまうのではないか?というベタなエンディングを心配していたのだが、なんとか戦争を生き残り、明るい未来を予感できるエンディングでよかった。

何気ない普通の日々が、幸せなのだということを感じさせる映画でした。