善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
燻製


もう、春だが、寒い冬の休みの日の暇つぶしに、燻製をやってみた。

まあ、簡易燻製で、簡単なスモーカーで燻しただけだが、今回は、スモークウッドで冷燻。

チーズといぶりがっこを作ろうとしたが、失敗。

やはり、簡易燻製は、温燻がいいようだ。 冷燻で、塩漬けや塩抜きしたりして、ベーコンとか作ってみたいが・・・

温燻でおすすめは、ミックスナッツです。

ちょっと、湿っけたナッツでも、温燻でカリッとスモーキーに仕上がるので、バーボンなんかのあてに良いと思います。
買えなかった鯛焼き


加古川駅の近くに、よく並んでる鯛焼きやがある。

こないだも、買い物があり、前を通った。

ぼくは、タイ焼き屋があると、必ず買ってしまう鯛焼き好きである。

いつも2.3人並んでいるのに、きょうは、一人。でも、待ってまで鯛焼き買うタイプではないので、買い物の帰りに寄ることにした。

そして帰りに行ってみると、誰も待ってない。ラッキーと思い、2個注文した。

鉄板の横には、すでに10個ほどの鯛焼きが、できあがっている。

でも、店員がいうには、予約が入っているので、30分ほど待たなくてはならないという。

たかが鯛焼き買うのに、予約だなんて。

けったくそ悪いので、帰りました。

でも、一言「申し訳ありません」とか「すみません」という言葉が欲しかった。

二度と来るもんかと思うところだが、鯛焼き好きなので、ここを通る時は、再度挑戦するだろう。

「この世界の片隅で」
「この世界の片隅で」というアニメ映画がロングラン上映されており、感動するというので観に行った。

感動はしなかったが、観て損したということは、なかった。

主人公の声は、能年玲奈がやっているのだが、神河町出身で播州弁のはずなのだが、広島弁も、なかなか良かった。

広島の原爆で死んでしまうのではないか?というベタなエンディングを心配していたのだが、なんとか戦争を生き残り、明るい未来を予感できるエンディングでよかった。

何気ない普通の日々が、幸せなのだということを感じさせる映画でした。
「第三の男」
NHK BSで「第三の男」という古い映画を見た。
学生の時、授業でグレアム・グリーンの原作を読む宿題が出て、途中でほったらかしにしてしまったので、ストーリーも知らなかった。
ずいぶん長い間、心の隅で気になっていたが、今回やっと映画を見て、すっきりした。
どうってことはないサスペンスだが、オーストリアの古い街並みが出てきて、外国映画という感じだった。
テンピュール
DSCF1123_convert_20161231160156.jpg

長年テンピュール枕を使ってきたが、10年以上たち、さすがに、へたってきたので買い換えることにした。

低反発のテンピュールは、NASAで使われているらしいが、これを使いだしてから、首が痛くなるということがなくなった。

今度は、高反発のマニフレックスのエリオセルMFの枕に浮気しようかなと思ったが、近くのスーパーに在庫がなく、

ドンキホーテでテンピュールが売ってたので、買いに行った。

ラッキーな事に年末のセール中ということで8600円で買えました。