善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユナイテッド93
「ユナイテッド93」という映画を見た。

9.11テロの時、4機のっとられた飛行機のうち、一機だけ目標到達前に墜落した飛行機の話だ。

乗客が団結して立ち上がり犯人と戦って墜落したという実話だが、だれもがヒーローになりたがるアメリカならではの国民性があってのことだろう。

しかし、携帯電話の普及で、WTCやペンタゴンへの自爆テロの情報が自分たちにもわかり、このままでは、助からないとわかったことが、決断と勇気を与えたのだと思う。

いままでのハイジャックでは、そのまま自爆するなんてことは、考えられなかったのだから。

犯人をやっつけて、飛行機を無事着陸させたならば、映画のストーリーなのだが、現実はきびしい。

乗客が襲ってくることを知った犯人が、飛行機を急降下させたり、ふりまわして、コックピットに近寄れないようにしたというのも、死ぬ気のテロリストなら、やりそうである。

映画では、乗客のなかに、セスナの操縦をしたことがある人と、元管制官をしていた人が乗っていたが、ぼくも、こういう状況になれば、操縦してみたいと思った。

まったくの、一般人よりはましだと思うが、こわいだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。