善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
低山徘徊

DSCN0736_convert_20140419170727.jpg

高御位山に登ってきた。

播磨富士とか播磨アルプスとか言われる高御位山の縦走コースには、いろいろバリエーションルートがあり、今回は、北山高御位山ハイキングコースで山頂へ行き、そこから鹿島神社へ下ることにした。

北山鹿島神社の横が登山口になっているので、長尾にクルマを停めて歩いて行った。

尾根道に出るまで30分、そこから山頂まで1時間くらいだったが、ここより下手の前衛の山で北池登山口と辻登山口というのがあり、そっちには、豊臣秀吉が、志方城攻めのときに座ったという秀吉の腰かけ岩というのがあるそうだ。

300メートルほどの山なので、ゆっくり登れば、それほどきつくはなかった。

山頂で、お湯沸かして紅茶でも飲もうと思っていたが、なんとガスのカートリッジを忘れてきた。あちゃー・・・

山頂から鹿島神社までの縦走路は、10年以上前に会社の同僚と登ったコースだが、山火事が相次ぎ、禿山になっており木陰がないので、夏場は暑いだろうと思うが、今の季節なら風が気持ち良かった。

奥長尾コースとか、馬の背コースとか下山のルートもいろいろありそうなので、また試してみようと思う。