善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
椎間板ヘルニア
仕事で残業が続いたせいか、先週の日曜日の夕方、かがんで自転車のアルミリムをコンパウンドで磨いていると、いきなりぎっくり腰になってしまった。

奈良にサイクリングに行った時、ぎっくり腰になったが、だましだまし走ってしまった。それに段差で滑って、転倒し、ひざと腰を強打したのも、響いているのかもしれない。

しばらくは、痛くて立てなかったが、翌日なんとか会社に行ったものの、痛くて仕事にならないので、早退して整形外科に行った。

痛み止めとシップをもらい、様子をみることになったが、ふつうのぎっくり腰なら3日もすれば、痛みが治まってくるのだが、いつまでたっても良くならない。

坐骨神経痛というのか、左の股関節のあたりが痛くて、通勤の車の運転は、悲鳴を上げるくらい痛かった。

そのうち、太ももの辺りがしびれてきたので、もう一度整形外科へ行くと、MRIを撮ってみようかということになり、土曜日に病院でMRI検査をした。

結果は、椎間板ヘルニア。以前から腰痛があり、一度検査をしたかったのだが、案の定だった。

リリカという痛みどめの薬を飲んで様子を見ることになった。

今のところ、薬が効いてきてなんとか、痛みもましになっているが、やはり、立ったり座ったりして、神経を圧迫すると痛い。

だんだん、治ってくるらしいが、まったく痛くてしょうがない時は、もうこんな苦しみが続くなら死んだ方がましくらいに思ってしまう。

少し痛みが和らぐと、とても幸せに感じ、ふつうに暮らしていけることが、何ともありがたいように感じてしまう。

忙しいので仕事を休むわけにもいかず、それこそ脂汗を出しながら苦痛に耐え、泣きそうになりながら仕事を続けたが、やはり、自分の健康が一番大事で、それこそ倒れてしまったら、もっと迷惑をかけることになるし、思い切って休むということも大切だと思った。

今回は本当に懲りたので、今度から腰痛体操をして、腹筋と背筋をまじめに鍛えようと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。