善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューシネマパラダイス
「ニューシネマパラダイス」を見た。

評判どうりのいい映画だった。

だいたいのあらすじを知っていたので、感動するまでではなかったのだが…

ぼくの田舎にも一軒だけ街の映画館というのがあった。

今のシネコンなどとは違って、昔の映画館はでかくて、豪華だった。

そして煙草の煙がしみこんだ独特のにおいがした。

姫路の松竹座は、二階席なんてのもあった。そういえば三宮の阪急の下にも映画館があったな。

姫路駅の駅デパートの端にもリバイバル専門の小さな映画館があり、安い金額で見れた気がする。

小さいときは、東映まんが祭りやゴジラやガメラの時くらいしか見に行けなかったが、いつもは日活ロマンポルノ3本立てをやってる映画館だったので、中高生の男子は、映画館のポスターを見るのが楽しみだった。

銭湯に行けば、映画の予告ポスターが貼ってあった。今はネットの時代なのか、あの手のポスターは、あまり見ない気がする。

東京や大阪などの大都会では、街中で大規模な映画のキャンペーンで派手な広告があるのだろうが、田舎暮らしでは縁がない。

高校卒業とともに行った寺島まゆみの「ひと夏の体験、青い珊瑚礁」がなつかしい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。