善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
時計の革ベルト交換


時計の革ベルトが、20年経ち、ぼろぼろになってきたので、交換することにした。

会社の同僚が、姫路のタナカという時計店がいいというので、行ってみた。

元町のカミネは、ちょっと敷居が高いというか、革ベルトでも、2万円くらいしそうである。

この時計は、ロンジン ヴィームスという自動巻きで、リンドバーグの基になったモデルらしい。

もともと着いていたベルトは、何の革だか知らないが、すごく硬くて、腕にフィットするまで、時間がかかり、痛かった。

タナカで、ちょうどグレーの気に入ったベルトがあったので、それに決めた。

ついでに、Dバックルという革ベルトに付けて、時計の脱着が簡単になる留め具も付けることにした。

これも、観音開きとか、三つ折れとか、種類があるようだ。

三つ折れにしようと思っていたのだが、両開きタイプを間違えて注文してしまった。

まあ、デザインは、これの方が、良かったので、いいか。

時計を、はめる時ワンアクションじゃなく、ダブルアクションになる。

はずすときは、ワンタッチである。  らくちんというのは、いいものだ。


DSCF1626_convert_20170903180331.jpg