善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電話子機の修理
DSCN0309.jpg
電話の子機のボタンが反応が悪くなり、困っていた。

古いビデオのリモコンなども、押しても反応しないものがある。新しいリモコンを買うのは高いので、なんとかいい方法は、ないものかと思い、ネットで検索してみると、やはり同じような事を考えている人はいるもので、いろいろ参考になる記事があったので、試してみることにした。

まず、子機のバッテリーをはずし、そこにある特殊なネジをはずすのだが、

DSCN0310.jpg

特殊工具がないと外せないようになっている。このために2000円ほどする工具を買うのもばからしいので、参考記事に書いてあったように先の細めのラジオペンチで溝に引っかけながら気合で回すと、なんとか外すことができた。

それから、子機のカバーを二つに割っていくのだが、細めのマイナスドライバーで、ゆっくり溝をはずしていかないと、はめ込みが割れたり傷がついたりする。

DSCN0312.jpg

それから、中のふつうのビスを6本はずすと、基盤とシリコンのボタンが取り出せる。

DSCN0311.jpg

それから接点復活剤を綿棒にスプレーしボタンの裏側と基盤の接点部分を軽くぬぐってやると、接点の汚れがとれて、綿棒が黒くなってくる。

DSCN0313.jpg

それからは、ばらした部品を元通りに組み立てなおすだけ。

DSCN0314.jpg

これだけで、ボタンの反応は、元通りになりました。まあ、素人が故障かくごで(もともと半使用不可状態)やったことなので、まねをする人は、自己責任でおねがいします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zensan97.blog123.fc2.com/tb.php/224-7564ebd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。