善さんの隠れ家
人生は一生のひまつぶし。 徒然なるままに書きためた日記です。 気が向いたら更新します。
FW190消失
フォッケウルフの修理ができたので、飛ばしにいった。

重心が後ろなのかと思い、バッテリーを前に移動した。

一度目、離陸に失敗し、小破。引き込み脚のリンケージが外れたので、修理した。

2度目の離陸。

今度は、うまくいった。重心もばっちり。きれいに上がっていって曲がろうとした時、恐怖がやってきた。

なんと、エルロンの左右を逆に設定している。

頭で何度も考えて、これでいいと思い込んでいたのだが、きった方のエルロンが上に上がると憶えていれば良かった。

もう頭は、パニック。なんとか、はやく降ろさなくてはと思ったが、そのまま降ろせばよかっったのだが。いつもの癖で、反対側の着陸コースの端まで持っていこうとしてしまった。

そして最終旋廻に入るとき、あせって、機体の方向がわからなくなり、近づいてこない。

コースから離れていってしまう最悪の結果になり、操縦不能で森の中に落としてしまった。

真っ青になって、探しにいった。幸い、事故にはならなかったが、いくら探しても、出てこない。

神戸から来ていたスタント機の人も早朝に墜落したらしく、ふたりで探したが、だめだった。

あきらめが、つかないので、今日午前中捜索に行った。汗だくになったが、やはり無理だった。

自分の初歩的ミスで、大事な機体をなくしてしまい、くやしいが、フィールドが広大で、何もないところなので、事故にならなかったのが良かった。

やはり、万が一の事があるから、エンジン機を飛ばすなら、この加西RCフィールドになることにしようと思う。

しかし、ショックである。パイロットの人形が完成するまで待ってれば良かったかな。とほほ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zensan97.blog123.fc2.com/tb.php/82-0a53b110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック